mv

こうやって始めよう!

イメージ

動機はちゃんとしておきましょう

私は最近部活をやる傍らアルバイトをしている学生に出会いました。
その学生は週一でバイトをしており同級生にもそういう形を取っている人が沢山いるらしい。
そこで今回忙しい中でもアルバイトをしたい方の為に週一でアルバイトをするための方法をまとめてみました。
さて先ずは志望動機です。週一のバイトで働く場合の志望動機をどうするとよいでしょう。

バイトとして働くためには会社と面接する時に履歴書が必要ですから、そこに志望動機を書かねばなりませんので、志望動機について考えなければなりません。
バイト先は誰でも構わず採用させてくれなくて、面接で採用か否かを調べるわけですから、履歴書に書く志望動機についてはよくよく考えて書く必要があります。
まず週一の仕事を希望するのですから、週一で働きたい理由を述べましょう。
進学のためなどでもどのような理由でもよいので、週一間しか働けない理由を述べます。

また週一間だけ働くことによって、経験のない仕事の経験を積むために週一契約のバイト社員として働きたいのならば、その通りに書くとよいでしょう。
当然仕事をする場合は、目的の一つとして給与を得ることが挙げられることでしょう。
週一のバイトで働くことで得た収入を使う必要性について、志望動機に記載するのもよいでしょう。 生活費に用いるためでもいですし、欲しい物を購入するためでもよいですので、お金を使う用途が決まっているのであれば、それを志望動機として書きます。

自分が志望する仕事が、たまたまそのバイト社員の仕事であった場合は、その仕事をしたいという意思を記載しましょう。
履歴書に記載する志望動機は、面接時にバイト会社の担当者がそれを参考に質問しますので、嘘偽りのない自分の素直な気持ちを書いておかないと、質問にまともに答えられなくなり、
不審に思われてしまいますから、 正確に書いておき、何を聞かれても答えられるようにするのが大切なのです。

ここまでのように履歴書に志望動機を書けば、面接で志望動機について聞かれても、何の問題もなく答えらえますし、自分の正直な気持ちなのですから、自分の意思がよく伝わることで、 仕事に対する熱意も伝わりますので、採用される可能性がかなり高くなることと考えられます。